動脈硬化検査装置のご案内

動脈硬化検査装置「Form ~フォルム~」

特徴その1:動脈の狭窄・閉塞と動脈の硬さを総合的に評価できます

PWV(脈波伝播速度)を測定することで血管のしなやかさを評価することが可能で、推定した血管年齢などもわかります。
また、ABI(Ankle Brachial Index)を測定することで、血管の狭窄・閉塞の有無を診断することができ、下肢の閉塞性動脈硬化症(ASO)の診断が可能です。

特徴その2:その場で測定・診断が可能です

患者様に負担をかけずに服を着たままでも測定が可能であり、測定終了と同時に診断結果がプリントアウトされますので、診療時間にムダがありません。
また、測定は5分で完了します。
◇測定方法は、あおむけになった状態で両腕・両足に血圧計を巻き、心電図の電極と心音図用のマイクを装着するだけで、身体への負担は全くありません。

投稿日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© もみじ台クリニック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.